SDGs達成に向けた当社の取り組み

SDGsとは?

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された,2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。

 

17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

SDGs達成に向けた当社の取り組み

当社は国連が提唱する「持続可能な開発目標(SDGs)」に賛同し、SDGsの達成に向けた取組みを行っていくことを宣言します。


●3 すべての人に健康と福祉を

●8 働きがいも経済成長も
●11 住み続けられるまちづくりを
●12 つくる責任 つかう責任
●13 気候変動に具体的な対策を
●17 パートナーシップで目標を達成しよう

職場環境の改善 スポットクーラーの設置

8 働きがいも経済成長も

●整備工場・鈑金工場
相模原カーテックセンター

●ガソリンスタンド
神奈川通り給油所、新池上給油所

現場施設にスポットクーラーを導入し、スタッフの健康に配慮しています。

本社工場も施設改修時にスポットクーラーの導入を予定しております。
 スポットクーラー

福祉への取り組み

3 すべての人に健康と福祉を
17 パートナーシップで目標を達成しよう


●福祉車両の修理・メンテナンス

福祉車両のキズ・ヘコミ/リフト修理時に、福祉車両の代車について、無料でご提供しています。


●横浜市社会福祉協議会 賛助会員

2021年より、地域福祉を推進する横浜市社会福祉協議会様の賛助会員として、ご支援・ご協力をさせていただいております。

横浜市社会福祉協議会様ホームページ

環境にやさしい水性塗料・リサイクルパーツの使用

11 住み続けられるまちづくりを
12 つくる責任 つかう責任


●鈑金塗装 水性塗料の使用

環境にも身体にも良い水性塗料を使用し、スタッフの健康に配慮しています。

従来から使われている自動車補修用塗料には有機溶剤(シンナー)が使われていて、その成分には、人体や環境に悪影響を及ぼす揮発性有機化合物が多く含まれています。

この揮発性有機化合物の排出を低減するために、有機溶剤の替わりに無害の水を利用する、水性塗料が環境対策塗料として注目されています。

●リサイクルパーツの使用
鈑金修理時、リサイクルパーツの利用に取り組み、地球の限りある資源を大切にしています。

レンタカーの拡大 ハイブリッド車両の増加

11 住み続けられるまちづくりを
13 気候変動に具体的な対策を


●レンタカーの拡大

レンタカーは必要なときに必要な時間だけクルマを使うことができるため、移動の最適化につながり、ガソリン消費量や排出ガスの削減に寄与します。

当社では主にガソリンスタンドにて、レンタカーの貸出を行っております。

●ハイブリッド車両の増加
環境にやさしい、ハイブリッド車両を積極的に導入しています。
P