代表挨拶

~創業期・石炭/石油卸売業~

大正末期創業の当社は、第2次世界大戦中に石炭が国の統制品となり、一時解散することになりましたが、昭和26年 新倉石炭㈱を設立し石炭卸売業として再出発をしました。

昭和30年に入ると石炭から石油への燃料転換が起こり、弊社も産業用燃料(重油・灯油)を主に工場へ販売するようになりました。

~モータリゼーション・自動車関連事業へ進出~

わが国では経済水準の向上と自動車産業の成長が相まった昭和30年代後半から、本格的なモータリゼーションをむかえました。

昭和35年 ガソリンスタンドを開所し、さらに昭和42年には自動車整備事業へ進出し、リース車の整備を多数実施するようになりました。


昭和60年に鈑金塗装工場を開設し、カーアフタービジネスの多角化を実施してまいりました。

また平成14年にはISO9001を取得し整備・鈑金塗装の品質向上に努めております。

~レンタカー事業の開始~

さらに 都市部の車離れに対応するべく 平成25年より神奈川通り給油所にて、平成28年より新池上給油所にてレンタカー事業を開始いたしました。

平成30年からは本社工場及び相模原工場でキャンピングカーのレンタルを開始いたしました。
キャンピングレンタカー

~SDGs達成に向けた当社の取り組み~

モービルオートは時代の流れに寄り添いながら、社会インフラを支える企業として成長を続けてまいりました。

同時に「当社だからできる社会貢献とは何か?」を考えて参りました。

国連が提唱するSDGsに掲げられる開発目標には、気候変動、エネルギー、居住環境など、当社がこれまで取り組んできたテーマがいくつもあって、今後も積極的に貢献する責務があると考えています。

具体的な取り組みはこちら

~おわりに~

モービルオートの経営理念は「誠心誠意」です。お客様、取引先様に誠心誠意取り組むことにより信頼関係を確立してまいります。 

これからもモービルオートをどうぞよろしくお願いいたします。

モービルオート株式会社 
代表取締役 新倉 芳郎
P